伝統工法 貫
築86年 木と土の家 · 18日 11月 2019
ブログの更新が大変遅くなりました! 前回の柱に続いて、今回は貫と楔です。 伝統工法では柱に貫(ぬき)を通します。日本の古くからの家の建て方です。

築86年 木と土の家 · 11日 1月 2019
四畳半と三畳半の傷んだ柱を取り替えました。柱は檜(ひのき)の上小節(じょうこぶし)。丈夫で防虫作用もある檜は、家の構造となる柱に最適です。

墨壺、墨差し、指矩
07日 1月 2019
あけましておめでとうございます。 鏡餅に添えてあるのは、墨壺(すみつぼ)と墨差し(すみさし)、指矩(さしがね)です。大工道具の中で、大切なものです。墨壺には縁起物の鶴と亀の彫刻が施してあります。 亀屋で造る家が鶴と亀のように末永く住まうことが出来ますように。 今日から仕事初めです。 本年もご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

築86年 木と土の家 · 06日 11月 2018
水平は真っ平らであること。垂直は傾いていないことです。 建物にとって、構造が水平で垂直である事は最も重要なことです。 構造は土台、柱、梁など、建物の骨組み、骨格となるもので、建物はこの骨格に基づいて建てられます。 しっかりとした構造でなければ、よい家にはなりません。 逆に言えば、しっかりとした構造の家がよい家になるのです。

築86年 木と土の家 · 25日 10月 2018
修復工事を行うにあたって、現場調査はとても大切です。 現場調査によって、傷んでいる箇所や傷み具合や不具合等、その建物の状態を把握します。 その上で、お施主様のご要望を伺いながら、どの様に工事するか打ち合わせを重ね、詳細に内容を確認し、決定していきます。 この工事も現場調査から始めました。...

築86年 木と土の家 · 23日 9月 2018
昨年11月に着工した築86年の家の第一期修復工事が今年7月に終了しました。 横須賀の高台にある家です。...

床の話 · 23日 9月 2018
近年、床の「重ね張り工法」が行われるようになりましたが、亀屋は昔ながらの「張り替え工法」です。

檜の看板
あれこれ · 06日 6月 2018
新しい社名の看板を造りました、 自社製作の檜(ヒノキ)の看板です。

築86年 木と土の家 · 13日 4月 2018
築86年の家の修復工事も終盤に差し掛かっています。 土壁の中塗りが終わり、そろそろ仕上げに掛かります。

あれこれ · 01日 2月 2018
平素は、格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 弊社は2018年2月1日をもちまして、「亀岡ホーム株式会社」より「株式会社亀屋工務店]に社名変更致しました。 これを機に新たな気持ちで一層よい家造りに精進を致す所存でございます。 今後ともご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。 2018年2月1日 株式会社亀屋工務店 代表取締役 小山武志

さらに表示する