海が見える縁側の家 部分解体

横須賀の家。築90余年の古民家再生工事です。

昨年12月に着工しました。

お施主様は若いご夫婦です。

古民家が大好きな奥様と、海で採った魚を水槽で飼育するのが趣味のご主人。お二人の新居です。

 

写真は台所を解体しているところ。

 

天井に張られた白いベニヤ板を剥がすと、黒い天井が出てきました。

 

 建てた当初、台所は土間で、そこに竈(かまど)があり、竈の煙で真黒く煤(すす)けたのでしょう。


黒く煤けた天井。

解体で出た木切れ。

黒くすすけた部分と元々の木の色の差がはっきりしています。

余談ですが、長い年月、囲炉裏の煙で燻された煤竹(すすだけ)は、古くから茶室建築などに使われてきた希少価値の高い良材です。

竈も囲炉裏も生活の中から消えてしまった今、煤けた木切れも手に入りません。

丁寧に釘を抜いて、古いものが大好きなお施主様にお渡しすることにしました。