· 

海が見える縁側の家 土壁解体

土壁

土壁を解体しているところです。

「解体してみると土壁の強さが分かるね。」と棟梁の独り言。

一見、傷んでいて、上塗りの漆喰が浮いたり、剥がれかかっている土壁。足で蹴っ飛ばせばボロボロ簡単に崩れそうなのに、そう易々とはいきません。土壁の骨組みになる木舞(こまい)に土がしっかりとくっついて、なかなか剥がれません。

現場の廃材を見ると、その理由の一つが分かります。土壁の土には短く切った藁(わら)を入れるのですが、この藁が土の繋ぎの役目を果たし、また木舞に絡んで、簡単には落ちないのです。

木舞に最初に塗っている荒壁の廃材。

土の中に藁がはいっています。

荒壁の上に塗る中塗り材の中に入っている苆(すさ)。荒壁の藁より細い藁。藁を加工して繊維状にしたものです。


崩れにくく頑丈な土壁。解体していると、なるほどと思うことが沢山あります。

木舞(こまい)

土を撤去してみると、しっかりと造られた木舞が現れました。

木舞は縄で固定します。

縄は結ばないで、巻くだけす。

巻くことで、地震の時は緩やかに動いて、揺れを吸収します

土壁が地震に強いひとつの所以です。


木舞を移動して解体。

想像以上に頑丈です。


竹を折ってみると竹の状態が分かります。この竹はまだ繊維が生き生きしています。


この家の木舞は女竹(めたけ)で掻かれていました。

女竹は細い竹で、木舞を掻く(かく)には調度良く、また腐れにくく、かつては木舞と言ったらこの女竹を使いました。

 

日本中どこにでも生えている竹ですが、土壁が造られることが激減した昨今、材料として殆ど流通しなくなってしまいました。代わりにもう少し太い真竹を割り竹にして使ったり、外国産の竹を使ったり‥

 

その一方では、使われなくなってしまった女竹が増えすぎて、他の木が育たず、山の生態系を変えてしまうという弊害も出てきています。

 

使ってあげれば、共存共栄、持続可能な女竹。残念でなりません。

 

 

丸のまま使うか、二つ割りにして使います。

 

家の裏に生えている女竹。

様々なものに利用されてきた女竹。この家の生垣も女竹です。

左が木舞に使われていた女竹

右が裏に生えていた女竹


廃材


土壁の廃材は竹と縄と土。環境に優しい自然素材です。