現場から コロナに寄せて思うこと…。

 

6月も残りわずかになりました。

久しぶりのブログです。

この数か月の間に新型コロナウイルスの影響で世の中は様変わりしました。

亡くなられた方々のご冥福をお祈りすると共に、コロナの影響で苦しんでいる方々に心よりお見舞い申し上げます。

 

建設関係でも影響が出ているようです。

グローバル化が進んでいる現代、建材も輸入材が増えました。コロナで流通が止まると、たちまち影響が出るようです。弊社はそれ程影響を受けずに施工を続けてさせて頂いておりますが、それは主に国産材を使っているからです。輸入建材に押され、国産材は使われなくなり、森林に恵まれているにも関わらず、日本の林業は今苦しい状況です。山も荒れてしまいました。

これを機に、少しでも日本の林業が元気を取り戻していく方向に変わっていけばよいのですが…。

 

横須賀の現場から…

屋根に使う野地板を自然乾燥させているところ。

国産の杉材です。昔は当たり前に使っていた板ですが、家の造り方が変わり、手にいれることが容易でなくなってきています。