· 

海が見える縁側の家 完成!

古民家再生 むくり破風の玄関
築90余年 古民家再生

横須賀の築90年の古民家再生工事。ブログで書かせて頂いていた、「海の見える縁側の家」が3月末に竣工し、お引渡しさせて頂きました。

 

 

築90余年 古民家再生 洋間の窓

築90余年 古民家再生 縁側 木製建具

庭付きの23坪の平屋。

日本家屋に洋間が一部屋ついています。

お施主さんは若いご夫婦です。

 

一昨年の5月、最初にお会いした時、開口一番のご希望は「外から見ると古民家、でも中に入ると新建材を使った現代の家では嫌なんです。」でした。

古いものがお好きなお施主さんのために、できるだけ既存のものを残し、末永くこの家に住めるように、材料を吟味し、知恵を絞り、手間と時間を掛けて施工しました。

サッシは使わず、全て木製の建具。材木は無垢の木を使い、自然素材で造った本物の家です。

 

引っ越されたお施主さんの話では、心地よく過ごされているとのこと。どこがどうということではないけど、ふと、縁側に射す日の光に「いいなぁ」と思ったり…。

縁側でお月見もするそうですよ。

 

森林の中に居ると心地よいように、自然素材で造った家はそこに居るだけで心地よく、落ち着きます。


築90余年 古民家再生

石垣の上の家です。

築90余年 古民家再生 玄関 木製建具

引き違い戸の玄関。

杉材の建具。

外壁は洋間を除いて日本下見張り.

(にほんしたみばり)。雨仕舞が良く、木材が腐れにくいので、長持ちします。日本に古くからある工法です。

築90余年 古民家再生 洋間 雨戸

洋間の外壁は横板張り。

風雨に耐えるように厚い板を張っています。窓には取り外し型

の雨戸を付けました。

肘掛け窓

築90余年 古民家再生 縁側 木製建具

庭に面した縁側



雨戸と戸繰り窓(とぐりまど)

築90余年 古民家再生 杉と檜葉の戸袋

戸袋

築90余年 古民家再生 縁側 木製建具 雨戸

雨戸の枚数が多いので、雨戸を戸袋を収めるために、家の内側に戸繰り窓という小窓が付いています。

築90余年 古民家再生 縁側の雨戸 戸繰り窓

戸繰り窓。この家は物入れの中に付いています。

この窓に手を入れて、雨戸の桟(さん)をつかんで出し入れします。

築90余年 古民家再生 縁側の雨戸 戸繰り窓

 

長い縁側の雨戸。開けるのにも閉めるのにも時間が掛かります。

開け閉めにちょっとしたコツもいります。

面倒だと思うか、楽しいと思うか…。

時間がかかることで、小さな発見があったり、物の見方が変わったりするかもしれません。

ゆっくりっていいものです。


玄関と次の間

築90余年 古民家再生 玄関

玄関

式台の下の下足入れが壊れていました。丁度よい古材があったので、それを使って修繕しました。

築90余年 古民家再生 次の間

次の間

玄関を上がると次の間。お客様をお迎えする二畳の部屋です。

築90余年 古民家再生 並大津の壁

壁は並大津という漆喰より少し柔らかいかんじのする土壁。

温かみのある色合いです。



座敷

六畳と八畳の座敷

*襖と障子はお施主さんのご希望で貼り替えていません。ご自身で貼り替えられるとのこと…。

築90余年 古民家再生 座敷と縁側

襖を開けると広々として開放的。部屋の広さが変わるのも日本家屋の良いところ。

畳の井草(いぐさ)の香りが心地よいです。

築90余年 古民家再生 木製建具 肘掛け窓と縁側

六畳の窓辺 肘掛け窓と縁側

築90余年 古民家再生 床の間 書院の建具

八畳の床の間。

既存の書院の建具がきれいです。



洋間

玄関から入ってすぐ、次の間右手の襖を開けると小さな洋間があります。広さは四畳半。

 

築90余年 古民家再生 洋間 

床と天井は杉材。壁は白の漆喰。白い壁と天井が高いのも手伝って、実際より広くかんじます。

築90余年 古民家再生 洋間の窓 木製建具

この窓から海が見えます。

築90余年 古民家再生 洋間 格縁天井

格縁天井(ごうぶちてんじょう)

洋間にもよく合う張り方です。

築90余年 古民家再生 洋間 木製のコンセント

既存の木製のコンセント。

今も使えます!



土間と板の間

お施主さんが考案された土間と板の間。

四畳半の畳の部屋を板の間に替え、柱だけを残して押入と壁を取り、土間と続きの部屋にしました。

築90余年 古民家再生 土間と板の間

土間と板の間

築90余年 古民家再生 柱の交換 しりばさみ継ぎ

傷んでいた柱。しりばさみ継ぎという継ぎ手で交換しました。

築90余年 古民家再生 埋め木

貫穴(ぬきあな)の痕。穴を古材で埋め木しました。

築90余年 古民家再生 流し

流し台。木で枠を造り、銅板を貼り、お施主さんが用意した机の上に設置。銅板は月日と共に落ち着いた色に変わります。

築90余年 古民家再生 土間と板の間

板の間から見た土間


施工中の記事